プロ野球選手たちにとってに寒い時期がやって来ました

プロ野球も日本シリーズが始まると同時に、所属する選手たちにとって冬の寒い時期がやってきました。契約更改前の、自由契約とか解雇通知です。プロ野球はいわずとも野球界の日本の頂点です。高校、大学、社会人を通じ、その県やそのチームのナンバー1達の中から、さらにふるいを掛けられた選手たちが入団できる世界です。過去に私の一つ年上の先輩に、全国的にも超高校級と言われた選手がいて、県内ではナンバー1、四国でもナンバー1でした。守備は華麗で、打てば全てホームランです。しかしこんな選手でもプロに入ると1軍にはなれたものの、バッターボックスではバットを短く持ち、高校時代の長距離バッターとはほど遠い姿でした。その後活躍することもなく自由契約になり、球界を去りました。
日本中の一流どころが集まっても、その中で優劣が出来る実力と精神力の強さの世界です。ドラフト会議後の夢いっぱいの時期もあれば、シーズンが終わると次は自分がクビか?と憂鬱になる選手もいます。仮に自由契約になっても、かつてはナンバー1になった選手たちです。第二の人生頑張れば成功するはずです。そんな選手たちにエールを送りたいです。