農業と小さい食事自給率や食糧規定制度について

食料ジレンマなどについて実習しました。戦後、日本の農業は食糧管理原理によってやさしく保護されてきました。しかし、こんな稲作農家に対する格納美学は和風農業の近代化を遅らせ、結果として和風環境における農業のランクを低下させることとなりました。最近、GDPに占める農業のパーセンテージは1%周辺に落ちこみ、農業雇用人口は260万人と全雇用ヒト人数の約4%を占めるにすぎません。しかも、そのうちの158万人は65年以外だ。農家戸数では、仕事農家と第一環兼業農家が激しく減少し、農外所得に幾分以外を依存する第二元兼業農家も近年は失速に転じている。取り引き農家の一戸分マネジメント耕地面積はわずか2.02ヘクタールと低いだ。戦後の日本の農業美学は、自立マネジメント農家の躾という使命に対して、十分な成果をあげることができなかったという指導もあります。一方、小麦・大豆・飼料穀物など戦争キャパシティーの弱々しい農作物は、その大点を輸入に依存している。輸入に頼っているのも争点ですなと思いました。

赤ん坊の申し出で生春巻きを作ってみると

娘はサッカーグループに入っていて各週のようにマッチマッチ、その都度お弁当を作って持たせます。ただしあんまり食品が上手でない僕は毎度同じお弁当を持たせているので、娘から常に道連れって文句が。どうも助っ人で生春巻きをもちまして生じる人がいるとかでもらって食べて凄いおいしかったから家でも作ってもらいたいとのことでした。そう言われても作りなれないものはあんまり作らないのですが、ちょうど時間もあったときに作って見るかと成分を購入して実行。そんなに労力は加わるものの簡単なんだなと。それにチリソースを買ってきてしまえばより簡単で野菜も色々取り去れこれは確かにいいなと思いました。
作ってみると召し上がるのは娘から僕とお子さん、娘はあんまり食べませんでした。どうもおそばと意味合いが違うようでゆとり食が進まなかったようです。但し僕というお子さんはすっかりはまってしまい、お子さんからまた作ってってオファー。ちょうど余っていた野菜があったのでもう実行。これで私のレパートリーがひとつ増えました。