地震や震源などについて勉学を通していました

地震に対して演習をしました。地震のゆれは、トレンドとして伝わっていきます。こういうトレンドを地震トレンドといいます。地震トレンドが最初に発生した部分を震源、震源の真上の地表を震央といいます。地球消息筋に拡がる地震トレンドには、PトレンドというSトレンドがあります。Pトレンドは固体・液体・瓦斯すべての物当事者を伝わりますが、Sトレンドは固体当事者しか伝わりません。また、固体当事者を伝わる速さはPトレンドのほうがSトレンドによって手早いだ。このため、地震のとき最初に考えるゆれはPトレンドでSトレンドはちょこっと遅れて伝わってきます。トレンドの伝わる速さは、トレンドを教える物の状態や部類を通じて変わります。岩石の種類や体制が変わると地震トレンドの速さがひっくり返り、トレンドの屈折や反照が起こります。よって、地震トレンドの伝わり方を解析することにより、岩石の密度やかたさなど地球内部の具合を推定することができます。このようなことを覚えましたが、久しぶりに聞いたことがあったので、すごく懐かしかっただ。知らないこともあって知れて良かったです。